PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
1 / 1 PAGES
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
テキ屋は恐いし
■今日の出来事

一度休んでしまうとずるずるサボり続けてしまうのは元ひきこもりの性でしょうか。昨日は雨、今日は風を口実に一日中テレビを観てだらだらと過ごしてしまった。一昨日も寝不足を理由にサボったので今週の営業はいまだゼロ。もちろん収入もゼロ。月末の支払いがたまっているのに………。
ちなみに普段営業している時の日課はだいたい以下の通り。

午後 2:00 調子がよければ起床。はぐれ刑事を見る。
午後 3:00 サスペンスを見る(ほぼテレ朝に固定)
午後 5:00 天気がよければ出店の準備
午後 6:30 開店準備
午後 7:00 営業開始
午後10:30 わずか3時間半にて今日の営業終了
午後11:00 片付けて帰宅
午前 1:00 洗い物と翌日の仕込み
午前 2:00 ケーブルテレビにて映画鑑賞かネットでだらだら
午前 8:00 やじうまプラスを見終わり就寝。

と、まあ以上こんな感じで結構規則正しい日々を送っている。が、サボった日はこの限りではなく大きくリズムが狂い翌日に悪影響を及ぼすことになる。今日は就寝が午後3時。はぐれ刑事を見終わってから寝て夜7時に中途半端に起きて結局、風を理由にサボってしまうことに。非常にまずい循環が始まってしまった。明日も心配。


■むかしむかし

引き続き1年前のこと。ああボクはこれから寅さんになるんだぁ、という現実感の薄い感慨を胸にあっと言う間に数週間が過ぎた。何事もせずに。
で、ふと、寅さんのライフスタイルは映画でなんとなく伝わるが、彼のお仕事とはいったい何なのかという根本的なところがどうも分かっていないことに気付き愕然となる。
彼の職業とはいったい何なのか?ボクの乏しい知識では正確なところは分からないが、あれはいわゆるテキ屋というものではないだろうか。ネット検索するまでもなくちょっと恐いイメージがつきまとう。地回りとかショバ代とかそういうマル暴っぽい言葉が浮かぶ。
う〜ん、こりゃダメ、かも…………。何事もせぬまま早くも暗雲が立ち込めた感に意気消沈する。先は長い。


なぜたこ焼き屋か?23:03comments(7)trackbacks(0)
bot
top
屋台もいろいろ
■今日の出来事

お陰様で、ブログに書く事で自分を奮い立たせ、後押しされるように重い腰を上げて、ようやく仕事に出かけられた
………ら、いいのだが、結局今日もサボってしまった。
夕方になり北風が強くなったらしい窓の外をながめながら、行かなくて正解だったとつぶやいたところで、例によって何の慰めにもならない。虚しさと無力さが襲う。こんな気持ちの時にテレビなんか見ても面白くもなんともない、かと思いきや、哀しいかな長年の習性で意外と心地よく現実逃避できた。情けない………。


■むかしむかし

暴力的なことが大の苦手なボクは、テキ屋という響きにビビってしまい、世紀の大発見だと思ってた寅さん計画は早くも翳りを見せ始めていた。
あまりに知らな過ぎる業界ゆえの怯えか、と、まずは情報収集につとめることにした。

屋台商売と一口に言っても、どうやらいろいろあるらしい。
懸念していた昔ながらのテキ屋稼業だけではなく、移動販売やネオ屋台などという非マル暴的な名称で随分と一般的になってきているようだ。
そういえばスーパーや駅前で見かけたことがある。メロンパンやらクレープやら、可愛いカラフルなワゴン車で、マル暴とはまるで縁のないような一般人がにこやかに商売している。
検索してみるとその手のサイトも多く、各種マニュアル本も売られている。

テキ屋とは程遠いイメージに内心ほっとしたものの、逆に自分とは程遠いその可愛らしいちょっとオシャレなイメージに更なる違和感を覚えてしまった。寅さんの自由奔放なイメージとは、どうも結びつかない。
とにかく、マニュアル本をいくつか選んでネットで注文し、その到着を待つことにした。


なぜたこ焼き屋か?23:10comments(0)trackbacks(0)
bot
top
マニュアル
■今日の出来事

お天道様のせいにばかりしていると、そのうちきっとバチが当たるだろう。今日も風が強かった………。結局今週は一度も営業しないまま月末を迎えてしまった。日記上での営業報告はゼロのまま、月末ということで一応今月の売上をまとめてみた。

●3月度
・稼動日数:10日
・総売上額:224,350円
・一日平均: 22,435円
・前月比%:106.0%

これでも2月より増えてるというのが何だか情けない。ちなみに粗利はだいたい70%くらい。稼動10日ということは月のうち2/3はサボってるということになるが、今となっては何をしていたか記憶にない。この日記を始めたことで多少なりとも改善されればいいのだが、ブログ始めてからの方がペースダウンしてるのが気になると言えば気になる。


■むかしむかし

マニュアル本が手元に届いた。計7冊。結論から言うとほとんど役に立たなかった。ま、所詮マニュアルの類いなんてそんなものかも知れないが。とんだ散財の山を前に途方にくれてしまった。
ま、とにかく屋台をやろうと決めたからには、まず扱う食材くらいは選ばないと何も始まらないことだけは確かなようだ。たいした理由もないまま候補は3つに絞られた。

・たこ焼き
・クレープ
・今川焼き

基本的にはボクの好きなもの。やはり毎日扱う商品なのだから少しでも好きなものの方がいいのではないかという単純な理由で。ちなみに、焼き鳥は惜しいところで次点。たまに食べるにはいいが、あの匂いが身体中に染み付きそうでちょっと敬遠したくなる。その頃、鳥インフルエンザも心配だったし。
ここから先は無い知恵を絞って食材をひとつに決める作業。これによってボクの屋台人生が決まるかと思うと緊張する。
で、まずクレープ。これは老若男女古今東西不動の人気を誇る屋台のクィーンといったところだが、ひとつ心配だったのが具としてナマ物を扱うということ。未経験者のボクにも、屋台では固定店舗よりも衛生管理が難しいだろうことは容易に想像できる。元々綺麗好きややもすると潔癖性なので充分注意は払うつもりだが、ナマ物はちょっと躊躇する。利益率はダントツ高そうだがこれは諦めることにした。
最後まで迷ったのが今川焼き。大好物である。実は正直言っていまだに未練がある。ただ、いくら好きとは言っても毎日食べれるかというと、それはちょっと自信がない。商売をやればきっと売れ残りが出るだろう。営業中、いちいち食事を買いにはいけないだろうからその売れ残りを自分で食べる機会も多いと推測される。その際、毎日甘い今川焼きでいいのか?という疑問が浮かぶ。太るんじゃないか?と。さすがに飽きるだろう、と。
以上、かよう幼稚な理由により最終的にたこ焼きに決めた訳だが、今にして思うと、まあ少なくとも失敗じゃなかったかな。ほぼ毎日食べてても全然飽きないし、意外と低カロリーだし、ナマ物じゃないから食中毒とかの心配もないし。
ちなみに体重は維持してるどころか少し痩せました。たこ焼きダイエットのお陰?


なぜたこ焼き屋か?19:35comments(2)trackbacks(0)
bot
top
客商売なんて無理?
■今日の出来事

腹痛です。あの学校へ行く前に必ずなる鈍い痛みです。せっかくのお天気なのに。
いつもならこのまま布団にくるまってるところだけど無理矢理転がり出て、そろそろブログにも営業のこと書かないと、ってなんとか気持ちを奮い立たせた。ブログが少しは役に立ってるかも。

で、久々に1週間ぶりの営業。
ぐずぐずしていたので家を出る時間が遅くなったのは相変わらずやれやれといった感じだけど、花見客らしき車列を横目になんとか無事出店場所に到着。この普通なら当たり前のことがなかなか厄介で、今までに何度も途中で引き返したことがあった。出店場所まで行っておきながら車の外へ出られずそのまま帰って来ちゃったことも何回かある。ま、今日はそこまでビクつくこともなく、普通に始まり普通に終わった。常連客に長々と話しかけられるというちょっとした恐怖のアクシデントはあったものの………。
これはいまだに苦手です。何を話しかけられても「はぁ」としか答えられない。それでも最近では、お客さんの心証を害することなく会話を拒むテクニックというものを身につけつつある。それは、まず最初にとにかく挨拶だけは「はい!いらっしゃいませっ!」と威勢良くし、そしてお客さんから注文を受けたら、これも元気良く「少々お待ちください!」と大声で答え、あとは出来るだけ忙しいオーラを発しつつ無言でテキパキと作る。無駄な動きも入れつつオーバーアクションで青ノリを振り掛ける。この元気な挨拶と動きにより、たとえ会話がなくとも気まずい雰囲気にはならず、むしろ「お、一生懸命やってるな」という好印象を持たれる………はず。いや、そう願いたい………。
ちなみに本日の売上は

・営業時間:19:00〜22:30(3時間30分)
・売上金額:22,400円

と、まあこんな感じ。時給にすると6,400円、意味無い計算だけど………。いいんだか悪いんだか、土曜日ということを考えると、もうちょっと早い時間からやっておけばよかったという若干の悔いは残るものの、ま、こんなもんかな?
明日の天気は雨っぽい。今から気が萎える。


■むかしむかし

とりあえず扱う商品はたこ焼きに決まった。が、ここで今さら根幹に関わるのだが、はたして人嫌いでひきこもりのボクに客商売ができるのか?という重大問題がある。なぜ屋台商売(というより寅さん的なお仕事)をしようと思ったかについては以前、希望条件のところで書いたが、その理由のひとつに「ひとりぼっちでできる仕事」というのがある。これと、お客さんと対面するということには矛盾があるのではないか。確かに仕事自体はひとりぼっちでやれるかも知れないが、不特定多数のお客さんと常に接していないといけない仕事でもあるわけだ。
これについては結構悩んだ。

ところで、ボクの対人恐怖というか人嫌いにはレベルがある。苦手な順に

1.知己数人または大勢のグループの中に居る
2.知己と2人きり
3.見ず知らず同士数人のグループの中に居る
4.見ず知らずの人と2人きり
5.見ず知らずの大勢の人の中に居る、または対面する

と、このようになっている。
これはボクだけかも知れないが、人見知りのくせに、知り合いの中に居るよりも、かえって全くの赤の他人の中に放り込まれた方がまだましなのだ。自分のことを知ってる人間がいると非常に緊張する。自分がどう思われているか気になって落ち着かない。もちろん見ず知らずの人に対しても緊張するが、自分のことを知らないと思うと何となく自分の存在が希薄になったように感じて若干緊張がやわらぐ。
対人恐怖症やひきこもりの方の中には、他人と2人っきりの空間が恐くて教習所に行けないから免許が取れない、という人も多いだろうけど、ボクの場合は車の中に他人と2人っきりで居る方が、学校の教室に居るよりも数段ましだったから、どうにか免許だけは取ることが出来た。
店舗、たとえば喫茶店のように店内で接客する商売は無理だが、屋台の場合その窓のように切り取られた空間でのみお客さんと接するだけなので何とかなるような気がしたのだ。しかも接する時間はテイクアウト専門であれば最小限で済むはずである。
これは実際にやってみて正しかった。こちらは常に屋台(実際にはワゴン車)の中にいるのでお客さんと目が合うことがない。覗き込まない限り首から下しか見えない。お互いに。そのお陰でコミュニケーションが苦手なボクでも何とかなっている。ま、たまに目が合うとどぎまぎしてしまうのだが。


なぜたこ焼き屋か?23:14comments(2)trackbacks(0)
bot