PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
1 / 1 PAGES
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
何か忘れてる
■今日の出来事

日、月、火と3日連続でサボってるということは3日間一切たこ焼きを食べてないということだ。よし今日はたとえ1個も売れず売上ゼロ円でもいい、なにがなんでもたこ焼きを食べるんだという意気込みで、無い気力を無理矢理奮い立たせて営業に出掛けた。実に日常のルーチンで一番厄介なのがこの出掛けるまでのモチベーションだ。次に辛いのは営業場所に到着してからの開店準備。これは意外とひと目を引く。その間の移動時間や実際に焼き始めてからの営業中は自分ひとりの世界にひきこもっていられるのでそれ程苦痛ではない。また閉店後の片付けもその頃には周りに人っこ一人いなくなってるので開放的な孤独感が味わえてそれはそれで楽しめる。とにかく出掛けてさえしまえば、そして到着してからの一連の準備さえ終わらせれば、もう仕事の90%以上は終了したに等しい。

・営業時間:18:00〜22:30(4時間30分)
・売上金額:25,550円


■むかしむかし

とりあえず1箇所とはいえ営業場所が決まってからボクは慌てて備品を買い揃えた。修業らしきことをやったわずかな時間に盗んできたノウハウを書き記したマル秘ノートと首っ引きで、漏れのないよう念入りにチェックしつつ営業初日に備えたのだった。営業場所の下見はざっと済ませてある。大型店のこれまた大きな駐車場の片隅だ。正直言って一等地とは決して言えない。表の通りからは一切見通せない奥まった一角にそのスペースはあった。そこに停めた車内で一連の流れのシミュレーションもしてみた。よし。大丈夫だ。頭の中では完璧にたこ焼き屋さんを演じきっていた。4回転ジャンプすら難なくこなしてしまうこの脳内作業の危険性について、はなはだ認識が甘かったことを後に思い知ることになる。


いよいよ初営業22:55comments(0)trackbacks(0)
bot
top
確認しないと
■今日の出来事

昨日たこ焼きを売った。売ったらたこがなくなる。なくなったらまた買って来ないといけない。なので今日はたこを仕入れに行った。仕入れといえば、早起きして築地市場まで車を飛ばし百戦錬磨の魚屋のおじさん達に混じってダミ声を上げて競り落とす、そんなイメージがあるが実際は全く違う。まず早起きもしないし市場にすら行かない。いや本当は市場でたこを丸ごと買って来て自分でさばいた方がはるかに経済的ではあるのだがそこでまた軽く1週間くらいは悩んでしまいそうなのでここはひとつ手っ取り早く問屋さんで下ごしらえ済みのたこを手に入れる道の方を選んだ。最初にそっちの楽な道を選んでしまいそれ以来ずっとこの方法で仕入れてきたので今さら早起きして市場に行くのはかなり抵抗がある。いずれはそうしたいなとの淡い希望を胸に今日も楽ちんな仕入れはわずか30分で終了したのだった。当然お天気ほどにもサボる口実にはなっていない。

■むかしむかし

初めての営業の日。備品リストと首っ引きで準備したにも拘わらずひとつ重要な見落としをしてしまった。開店準備も終わりいざ焼くぞという段になってボクは初めてそのことに気が付いた。熱した鉄板の上に生地を注ぐのだが、生地は流し込むそばから鉄板の縁を越え焼き台からどんどんあふれ出してしまう。まだそれほど注いでないのに何故?と頭の中が真っ白になりながらボクは滝のようにこぼれていく生地をただ呆然と見守っていた。鉄板に生地を流し込む時、当然その鉄板は水平になっていなければならない。傾いていては生地がこぼれてしまうのは当たり前だ。ボクはその基本的なことを忘れ鉄板が水平かどうかを確かめもせずいきなり流し込んでしまったのだった。駐車場は一見すると平らなようだが実際はかなりの傾斜がついていることが多い。その為、焼き始める前には必ず水平器(→写真)を用いて傾き具合を調べなければならない。しかも水平に保つ為に焼き台の足の下に板状のものをかませてレベルを調整しなければならないのだ。ボクは水平器のみならずこのレベル調整用の板も用意してなかった。これではたこ焼きは焼けない。ボクは誰にも見つかりませんようにと祈りながらそそくさと店をたたみ逃げ出すように帰路に着いた。こうしてボクの営業初日は営業すらしないまま虚しく終わったのだった。


いよいよ初営業22:33comments(6)trackbacks(0)
bot
top
ああ勘違い
■今日の出来事

単なる取り越し苦労だったようで昨日のメロンパン屋さんは結局現れなかった。昨日からの緊張を考えるとこれはこれでちょっと拍子抜けだが、まあたまにはライバルの出現もやる気を起こさせてくれるので悪くもないかなどと余裕を見せながら実は内心ひざから崩れ落ちそうになるほどほっとしていた。正直、敵はいないに越したことはない。こうして今日も営業出来ることを感謝しつつも、きっと喉元過ぎればで明日になったら綺麗さっぱり忘れてるんだろうなと冷ややかに見つめる自分もいた。メロンパンはともかくこの調子だとお払い箱が現実となる日も決して遠くはないだろう。

・営業時間:18:00〜22:30(4時間30分)
・売上金額:32,200円

そういえば今日、例の不登校の彼が載った新聞が発売されていたので早速買って屋台に堂々と掲げておいた。紙面の4分の1くらいの大きな写真がこっちを向いてはにかんでいる。何とも誇らしい気分だ。彼は昔のボク。でもボクにはそんな誇れることなんて何ひとつなかったけど。


■むかしむかし

初めて営業した記念すべき日。最初から売れないだろうということは覚悟の上だった。売り上げのことより何よりとにかく緊張と不安がピークに達していて、ドアに頭をぶつけるは玉子を落っことすは油を引くのを忘れるは、もう自分が何をやっているのかまるで分からないような状態だった。今思い出しても恐ろしい。そう考えるとよくあの段階でやめてしまわずに今日まで続いてるなとサボっていることは棚に上げて我ながら感心する。今こうしてるのが不思議なくらい初日から激しく後悔していた。なんで屋台なんか始めちゃったんだろうと。今にして思えば良い思い出などと甘い感傷には浸れないほどあの日のパニックぶりは生々しく記憶に刻まれている。今でもたまに夢に見る。
ちなみに初日の売り上げなのだが、記録によると「19,600円」となっている。意外と、というより予想をはるかに超えた売上金額だった。え?最初からこんなに売れるの?案外簡単なんじゃない?と、さっきの緊張はどこへやら随分となめきった感想を持ったものだ。当然のことながら商売はそんなに甘いものではない。たまたま物珍しさで売れただけということに思い当たらずまぐれを実力と勘違いしてしまったことで後々手痛いしっぺ返しをくらうことになるのは言うまでもない。
で、その勘違いに気付かせてくれたのが例の不登校君だったのだ。


いよいよ初営業23:00comments(6)trackbacks(0)
bot
top
初クレーム
■今日の出来事

しとしと降り続く雨にせっかくの元気も消沈気味………。思いきって月曜日を定休日にする案が再び浮上。可決される見通し。


■むかしむかし

焼き置きをしないのは最初からではなかった。営業を始めた頃は「もったいない」という意識の方が強く、ぎりぎりまで鉄板の上で転がし、これ以上焼いたら固くなり過ぎるとなったら今度は箱に入れて並べておき、なんとか無駄にしないようにと必死になっていた。それでもそこそこ売れてはいたしどこかに「どうせ持ち帰るんだから」という気持ちもあって特に気にはしていなかった。売上が落ちてきたのも目新しさがなくなってきたせいだろうと高を括っていた。そんなある日、ひとりの中学生が「あのぉ………」と声を掛けてきた。「はい?」と答えてもうつむいたまま何も言わない。「たこ焼きですか?」と聞くと「はい。あ、いえ………」とまた黙ってしまう。よく分からないままとりあえず注文だろうと思い箱詰めしてあったたこ焼きを手にすると「あ」と小さな声で遮り「あの………この前のがちょっと固くて冷めてたので………」と消え入りそうな声で言う。それを聞いてボクはハッとした。何度か見かけた中学生だ。多分近所に住んでいるのだろう。いつも恥ずかしそうにもじもじしながら注文して、逃げるように帰ってしまうあの子だ。慌ててお詫びをして箱詰めではない、鉄板の上の焼き立ての方を渡した。顔を真っ赤にしたその子よりも言われたボクの方が顔から火が出るほどうろたえていた。いわば初めてのクレームだ。その中学生はお詫びの言葉を繰り返すボクには目もくれずに走って帰って行ってしまった。ショックだった。固く冷めたたこ焼きを出してしまったこともそうだが、あの子に言わせてしまったことに申し訳ない気持ちでいっぱいだった。あああきっとあの子は二度と来てくれないだろう………。冷めたたこ焼きを渡してしまったのは前回だけじゃないかも知れない。いや、きっとそうだろう。あの子は何度か冷めたたこ焼きにがっかりさせられながらそれでもまた買いに来てくれていたに違いない。随分大人しい中学生だった。それで覚えていたくらいだ。そんな子がたこ焼き屋さんに文句をつけるというのはきっと相当な勇気が要ったことだろう。大人だってなかなか言えない。普通クレームがあっても何も言わすに次からそのお店に行かないという人の方がはるかに多い。それをわざわざ言ってくれた。でもそのことでボクを怒らせてしまったと考えてるかも知れない。あの子は文句を言ってしまったことを後悔してるかも知れない。ボクだったら言う勇気はない。絶対に言えない。もし言ってしまったら二度とその店には近寄らない。あの子も同じことを考えてるような気がした。取り返しのつかない大失敗をしてしまった。もったいないからと固く冷めたたこ焼きを売ってたこと。そしてせっかくそのことを指摘してくれたお客さんにきちんとお礼が言えなかったこと。その後どうやって片付けて帰ってきたか分からないほど頭の中は真っ白だった。その日以降しばらくは営業する気にならなかった。その間、ずっとその中学生のことを考えていた。そしてこれからのことを。もう二度と焼き置きはしないということは迷うことなくすぐに決まった。そしてそのことに気付かせてくれたあの子にちゃんとお礼を言わなければならないと思った。買いに来てくれなくてもいい。もし近所で見掛けたら恥ずかしくてもボクから声を掛けてきちんとお礼だけは言おうと決心したのだった。


いよいよ初営業22:39comments(9)trackbacks(0)
bot
top
宣伝
■今日の出来事

屋台は軽のワゴン車で4速マニュアルである。後ろにエンジンを積んでいてしかも後輪駆動である。書いてる割には車に全く詳しくはないのだがひとつだけ実感できるのは上り坂には不向きな車だということである。家から営業場所までは実はひと山越えて行かなければならない。新緑のトンネルをくぐり人造湖の畔を通る大変気分のよろしい道程なのだが後続車の皆さんにはいつも多大なご迷惑を掛けてしまっている。あからさまにあおられることも度々ある。恐縮至極なのだがいかんせん片側一車線の山道のため先に譲ることもままならない。かくして派手なワゴン車を先頭にずらっと渋滞の列が連日生まれることとなる。しかも坂道を登る以上にカーブを曲がるのが大の苦手ときている。後ろには焼き台やらパラソルやら何やらがこれでもかと積み込まれているのでわずかな遠心力でも崩れ落ちてしまう。その為出来るだけゆっくりと曲がる必要があるのだ。あの時間帯にあの道を通るドライバーの皆さんは派手なワゴン車を見かける度に舌打ちしたい気分になることだろう。お急ぎのところ誠に申し訳ない。しかし最近は車の馬力や崩れる限界がだいぶ分かってきたので以前に比べればこれでもかなりのスピードアップがはかれているのだ。なんとか制限速度並みには走れてるはずである。今日思いっきりあおってたお兄さん、何とぞご勘弁頂きたい………。

・営業時間:18:30〜22:30(4時間00分)
・売上金額:25,900円


■むかしむかし

先日無謀にも売上推移のグラフを載せたが営業初日から日に日に落ちていく売上に当時相当悩んだものである。まっ先に思い浮かんだのが宣伝活動である。ホームページやチラシを活用してPRをしようと考えたのだ。しかしこれには大きな問題がある。以前内職で不動産関係のホームページやチラシを作成していたことがあるので作ること自体は特に問題ない。問題はその中身である。宣伝にはいくつかの欠かせない情報がある。そのひとつが営業日時だ。場所だけ分かっても営業日と営業時間が分からなければお客さんは困ってしまう。宣伝の意味がない。しかしチラシに日時を載せるということはその日時に確実に営業していなければならないということである。屋外なので雨天休業はまだ許されるとしても気分次第で休業などと言っていてはお客さんを馬鹿にするにも程がある。お客さんを怒らせては宣伝が逆効果になってしまう。どうするか?チラシをまいてその通りの日時にがんばって営業するか?それとも宣伝するのをあきらめるか?しばらく迷った末ボクが選んだのは後者だった。そしてこの1年間一度たりともチラシをまいたことはない。いつか迷いが吹っ切れて当たり前のように毎日商売ができる日を夢見てチラシの草案だけはもう何枚も作り上げている。ちなみにホームページも準備だけは万端整っている。あとはやる気の問題だけなのだが………。


いよいよ初営業22:15comments(0)trackbacks(0)
bot
top
テレビ依存症
■今日の出来事

梅雨入りしそうな重苦しい空。今のうちにと空模様以上に重苦しい気持ちを騙し騙し開店の準備をする。実に12日ぶりの営業。もしも学校だったら二度と行くまいと思うくらいのブランク。でも屋台の場合は学校ほどの気が狂いそうなプレッシャーは感じない。同級生の目を気にすることもないし先生に言い訳する必要もない。丸いふわふわした物体を淡々と転がしてさえいればまるで昨日も営業したかのように心は平静を取り戻す。結局はひきこもり場所Aからひきこもり場所Bへの移動(徒歩5秒)がいつも大問題になるだけだ。テレビでニュースを見て懐かしの歌謡曲を見て細木和子を見てザ・ヒットパレードを見た今日の一日。ただここ最近と違うのは部屋ではなく屋台の中で見たということ、ただそれだけ。ちなみにニュース以外はどれも取り立てて見たい訳ではなかったが屋台のアンテナではなぜかフジテレビしかまともに映らないのだ。それでも何もないよりはまし。たまにテレ朝が白黒ながら映る時もある。テレビ依存症のボクは寝る時もスイッチを切らない。曇った鏡のように室内を映し出す画面が無性に恐い。買物に行く時もテレビは消さずに出掛ける。さすがに営業する時は消して行くが帰ってきてまっ先にやることはテレビのスイッチを入れること。

・営業時間:18:30〜22:30(4時間00分)
・売上金額:21,000円


■むかしむかし

営業を始めた頃は全てに不慣れで意味もなく忙しくしていた。忙しく仕事に没頭していたはずなのにどうも何かが気になって仕方ない。何日かが過ぎた時に、はたと思い当たった。屋台にテレビがないのだ。長年のひきこもり生活ですっかりテレビ依存症になっていたボクはこんなにも長い時間テレビをつけずに過ごすことはなかった。そのことに気付いてしまうともう居ても立ってもいられずに翌日早速小型の液晶テレビを買って取り付けた。最初の室内アンテナはまるで役に立たなかったので無謀にも屋外用の小型アンテナを買って来て無理矢理車の天井に取り付けた。フジテレビしか映らないがそれでも満足だ。どうせ営業中は見られないのだから映りさえすればいい。それだけですっかり安心出来る。何の番組かは分からないが乾いた空々しい笑い声が聞こえてくると何だかほっとする。屋台もまた虚構の舞台と錯覚させられますます居心地がよくなるのだ。


いよいよ初営業23:07comments(2)trackbacks(0)
bot