PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
1 / 1 PAGES
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
固定店舗VS屋台
■今日の出来事

営業が終わってのれんをしまった途端に雨が激しく降りだした。日頃の行いがこんなに悪いのに終わるまで待っててくれたなんて………感謝。お陰様で雨の影響もなく売上も普段とほとんど変わらなかった。

・営業時間:18:00〜22:30(4時間30分)
・売上金額:22,750円

今日はかなり蒸し暑い一日だった。今年になってはじめてTシャツ1枚で営業した。これから再びあの暑さとの闘いが始まる………。


■むかしむかし

開業資金の方はなんとかなりそうだ。ま、結局なんとかなったから今こうしていられる訳だが。もともと固定店舗と違って屋台はそれほど開業資金がかからない。それも大きなメリットのひとつである。ちなみに店舗の場合だと、設備も大掛かりになるし、なにより借りる際の保証料が相当な額になる。駅前の一等地だと1千万(!)以上なんてざら。少なくともテナント料の数ヶ月から10ヶ月分は必要となる。とてもじゃないが払えない。とは言いながら、正直やはり固定店舗への憧れはある。しかも出来れば店舗と住居が一緒になってたらベスト。ひきこもりとしては家から一歩も出ないで済むのはありがたい。2坪くらいのちっちゃいお店と、その奥に6帖ひと間の居住スペースというのが理想的だ。そしたら雨でも嵐でも朝から晩までたこ焼き焼いてるのになぁ………。


屋台のメリット23:10comments(4)trackbacks(0)
bot
top
でも大変じゃない
■今日の出来事

コメントで励ましてもらったその日に早速サボってしまい何とも心苦しい限り………。出来事もなにもないし。ちなみに先週までやってた「ひきこもりグラフ」も、見てるだけで息苦しくなってきたので止めることにした。今週も当然浮上せず。相変わらず何をやっても長続きしない。


■むかしむかし

この画面左側のスペースにある「●日記の分類−目次−」を順にたどっていけば開業マニュアルらしきものになるよう目論んでいたのだが、どうも物事をまとめる力に欠けてるようで、いつまで経っても役に立つ文章は書けそうにない。実際にいるかどうか分からないが開業に興味を持ってくれた人がこれを読んで「うわぁ、屋台って大変そうだなぁ」との感想を持ってしまい断念してしまっては意味がないどころかかえって逆効果になってしまう。そこで声を大にして言っておきたい!
「開業の準備の大変さなんて会社勤めに比べたら屁でもない!」と。
屁はともかく、ひとづき合いのあの辛さに比べたら開業の為にひとりで奔走することなど辛いうちに入らない。自分がなんとかがんばれば結果が出るから必ず報われる。他人様とのつき合いはそうはいかない。いくら自分ががんばったところで相手に伝わるとは限らないし、いや、むしろそれどころか逆に誤解され色目で見られレッテルを貼られいつ果てるとも知れない人間関係の泥沼の中を溺れぬように必死でもがき続けなければならないのだ。考えただけでもぞっとする。考えたくもない。
最初、このブログをはじめた時は単に記録しておくだけの意図だったが、最近はもしたとえひとりでも開業(それはたこ焼き屋に限らず何か自分ひとりで働くこと)に興味を持った人がいてくれたら、なんとかその人の役に立てないか、ということを少しは考えるようになってきた。
ま、その前に自分自身が心から「たこ焼き屋は楽しいよ」と言えるようにならないと伝わらないだろうけど………。


屋台のメリット22:06comments(2)trackbacks(0)
bot
top
狭いからこそ
■今日の出来事

夕方から土砂降りの雨。ほぼ予報通り。天気予報を信じてサボりを決め込んだボクはほっとして何度も窓を開けては雨音を確かめる。その音が激しければ激しいほど罪悪感も薄れていく。雨はサボりの免罪符。でも虚しさまでは消してくれない。


■むかしむかし

屋台の中は落ち着く。ぐるりと取り囲まれてる感じのその狭さ加減がいい。ひきこもってる部屋の6帖がやたら広く感じられるほど。屋台というと一見開放的なイメージがあるが実際には非常に閉鎖的な空間となっている。だからこそ何とかやっていけてるのだ。部屋を出て隣接する駐車場に停めてあるワゴン車へ乗り込むまでのそのわずかな瞬間以外はこうしてずっと居心地の良い空間にひきこもっていられる。
そんな仕事、他にはない。
ちなみに車内はこんな↓感じ。改めてその狭さに驚く。立って動けるのは赤い部分だけ。約0.3帖。なんと畳のわずか3分の1!

car


屋台のメリット22:38comments(2)trackbacks(0)
bot
top
二枚舌
■今日の出来事

屋台をやってるとお客さんから「どう?もうかる?」と聞かれることも多い。いつもお決まりの文句「ま、ぼちぼちですね」でごまかしてるのだがたまに突っ込んで聞いてくる人もいる。動機は多分2つあって、ひとつは単なる興味本位やひやかし、もうひとつは屋台商売に興味があってリサーチしたいという人。前者は笑ってごまかすのだが、後者の場合はもしかしたら何かの役に立てるかも知れないと考えて出来るだけちゃんと答えるようにしている。ただし他にお客さんがいない時に限る。どちらの理由かはもちろん正確には見分けがつかないが後者は比較的若い人が多いように思う。でも今日尋ねてきたのはちょっと年配のおじさんだった。一瞬興味本位かなとも思ったがその割には口調がばかに丁寧な方だったので色んな質問に出来るだけ正直に答えるようにした。話すのは苦手だが日常会話に比べたら質疑応答の方がいくらか気分も楽である。車はどこで改造してもらったのか?に始まり、改造費はいくらか?許認可は取ってるのか?仕入れは?など具体的な質問が続きそしてやはり、いくらもうかるのか?という核心についても聞いてきたのでボクは正直に「そうですね、日によって違いますけどだいたい7万から10万くらいでしょうか」と答える。その人の目がちょっと輝いたような気がした。正直というには語弊があるが、この手の質問にはいつもこう答えるようにしている。決して見栄をはっているのではなく以下のようなボクなりの理由があるのだが………。

・営業時間:19:00〜22:30(3時間30分)
・売上金額:24,500円

(参考/売上の推移グラフ)
yen_gs

■むかしむかし

日記に書いてあるのは正真正銘実際の売上金額そのままである。もしかしたらこれから屋台をやってみたいという人が見ているかも知れないので参考までに言うと、ボクと違い真面目に屋台をやっている人の一日の売上金額は少なくともボクの3、4倍はある。ボクの師匠にしても年商2,000万円以上はあるはずだ。屋台商売を目指す人はボクの売上金額を見てがっかりしないで欲しい。最初の頃ボクも一日だけ朝からの営業に挑戦してみたことがある。挑戦というと偉そうだが実際は普通の社会人の方々と同じように働いただけ。朝10時頃から始めて夜の10時半まで約12時間。その時の売上は7万円。もしこれを週休1日で25日間続けたとすると1ヶ月の売上は175万円、1年で2,100万円という単純計算が成り立つ。決して少ない年商ではない。真面目にやってる人の中にはそれ以上売り上げてる人も多いだろう。ボク自身は売上金額よりもひとりで出来るというその商売の形態にひかれて屋台を始めたのだが、独立起業という観点からも十分魅力ある商売ではないかと思っている。ちなみにボクは朝から晩まで営業した翌日から3日間腰痛で寝込んでしまった。それ以来一度も挑戦していないし今後もする気はない。
一日の売上が7万から10万という答えはあくまでも一般の方々に向けたもの。この日記に書いてるボク自身の売上はボクと同じようにひきこもりやニートと呼ばれる人たちに向けたもの。いくら、現状を打破したい、自立したいと考えているからといって、じゃあ朝から晩まで働けるかといわれれば正直ボクには自信がない。しかも対人恐怖やら他の病気を抱えているとしたら尚更無理だろう。だからこそ普通の就職やアルバイトは最初からあきらめたのだ。でも一日3、4時間であれば、しかも仕事をする上で他の人に迷惑を掛けないで済むのであれば決して無理ではないし、一般の方々は少ないと見るかも知れないがある程度の収入も得られるし、仕事としては十分選択の余地があるのではないかと思っている。それがボクなりの二枚舌の理由である。


屋台のメリット22:29comments(0)trackbacks(1)
bot
top
後片付け
■今日の出来事

午後10時を前に早くも生地が底をついた。閉店まではあと30分程だ。今から新しい生地を作ったとしてもほとんど無駄になってしまうだろう。この時点で2万円以上の売り上げも見越せたことだしちょっと早いが今日はこれで切り上げることにする。そそくさと片付け始めようとしたところに一人のおばちゃんが恐る恐るという感じで声を掛けてきた。今日は何時までやってるかと聞くのであいにくそろそろ店仕舞いだと伝えるとしばし考え込んでしまった。どう声を掛けたものかと思いあぐねているとそのおばちゃんは今から用事があって出掛けるのだが11時頃に帰りがけにまた寄るのでたこ焼きをひとつとっておいて欲しいとそうおっしゃる。冷めてしまいますよ?と言ってもそれでも構わないとのこと。それならばと承知はしたもののさすがに小一時間も置いておくのは忍びない。当然冷めて固くなってしまう。どうしたものか考えた末、結局もう1kg分の生地を新たに作ることにした。
以前レシピを書いたことがあるが小麦粉1kg分の生地を作るとたこ焼き150個分にもなる。1パック6個入りなので25パック分だ。おばちゃん用以外の24パック分が無駄になってしまう可能性がある。ま、それも仕方ないかとあきらめることに………。

結果から言うと新たに作った生地分は全て完売した。時間通り帰って来たおばちゃんも熱々の焼き立てに感激してくださった。無駄が出るどころかむしろおばちゃんの予約のお陰で売り上げが伸び、久々に3万円の大台を超えた。大台と言ってもあくまでボクにとっての大台だが。

・営業時間:18:00〜23:00(5時間00分)
・売上金額:31,500円

と、喜んではみたものの実は普通の商売人なら至極当然のこと。おばちゃんの予約があろうがなかろうが無駄になろうがならなかろうが閉店時間前に生地がなくなった時点で迷わず新たに生地を仕込むのは当たり前の話。そんなことは商売の基本中の基本。そそくさと帰り仕度している段階で商売人失格だ。と、一応反省はしておく。


■むかしむかし

屋台商売のいいところは色々あるが後片付けが楽なこともそのひとつだ。例えばお店の場合、沢山のお客さんが来店した日は皿洗いもひと苦労。忙しく立ち働きへとへとに疲れた後にはうずたかく積まれたお皿の山が待っている。これはしんどい。屋台の場合はどんなに忙しくても後片付けで洗うものは限られている。たこ焼きでいうと寸胴や泡立て器、レードル、粉つぎの他、スプーンやピック、調味料入れなどの小物だけだ。毎回必ず決まった量の洗い物しか出ない。
しかしよくよく考えると、逆に言えば暇な時も同じ量を洗わなければならないということになる。これはこれで結構しんどいもの。どちらがいいのかは何とも言えない………。


屋台のメリット23:14comments(6)trackbacks(0)
bot
top
仕事選び
■何を血迷ったか………

僭越ながら仕事選びのアドバイスを。もちろん一般人向けではない。

人間関係に対して何かしらの恐怖心を抱いているひとにとって仕事選びは困難を極める。
普通の会社勤めは論外。それがたとえ事務職や技術職であったとしても人間関係に悩まされるのは目に見えている。リハビリとして挑戦する強い意志がない限りまず無理だろう。業種や勤務形態に拘わらず会社員として働いている皆さんをボクは無条件で尊敬する。畏怖の念すら抱く。
少人数で働くというのも危険だ。限られた狭い人間関係だけに逃げ場がない。例えばコンビニやレンタルビデオやネットカフェや漫喫などなど。選択の余地のない諸先輩方に加えて更にお客さんとの体面営業が待ち構えている。店員もお客さんも全員が元ひきこもりという宝くじ並みの確率にでも恵まれない限りこれも無理だろう。
ひきこもりの間で憧れの人気の職業ベスト3は「ピッキング」「工場ライン」「ポスティング」である(多分)。理由は簡単でひとりで出来そうな作業だからである。ちなみにピッキングといっても空き巣のアレではなく倉庫作業の方である(当たり前)。しかしここにも落とし穴が潜んでいる。工場でも倉庫でも確かに作業中はひとりで黙々と働いていれば済むのだが休憩や食事は時間帯が決まっているためバイト仲間と称される他人様の中に混じって楽しいひとときを過ごさなければならない。場所によっては外出も禁止されているため四六時中顔を突き合わせる結果となる。当然その中で人間関係も生まれあの忌わしい学校と同じような空間に身を置かなくてはならなくなる。私語禁止などというありがたい規約がない限りこれも難しいだろう。
ポスティングにしても現場には必ずリーダーが存在し彼らは彼らのノルマがあるためコマであるバイト連中は毎日尻を叩かれるのだ。比較的自由な職場でもそもそもチラシ1枚につき3円から5円程度が相場なのでそれなりの収入を得るためには朝から晩まで配り続けなくてはならない。たとえ1000枚以上まいたとしても数千円の収入だ。何よりひきこもりにとっての最大のネックである体力がもたない。もちろん気力も萎える。ゴミ箱に捨ててしまおうか………などと良からぬ誘惑にも駆られてしまう。
ベスト3に続く憧れの人気職業として「ドライバー」がある。普通免許でも4tトラックまでは運転できるから免許さえあれば仕事はいくらでもある。トラックも職場で用意してくれる。しかし当然のごとくここにも大きな落とし穴がある。もちろん体力の問題もあるがドライバーだからといってただ車を運転していれば済むものではない。配送準備や伝票整理など運転の前後にも山のように仕事が待っている。運送会社の従業員とはもちろんのこと配送先の大事なお客様とも円滑な人間関係が求められる。ましてや最近ではセールスドライバーが一般的なので運転だけでなく営業技術もなくてはやっていけない。それにひとりで気安くできると思ってたら実は親切な先輩が同乗するなんてケースもある。あの狭い車内に一日中ふたりっきり………。これは想像するだに恐ろしい状況である。とても仕事どころではない。
究極のひとりっきり仕事として在宅勤務がある。平たく言えば内職。格好つけて言えばSOHOである。ボクもこれで随分と助かってきた。昔ながらの製造関連の内職もあるが最近ではネットの普及に伴いPCを利用した内職が主流であり人気でもある。言わばひきこもりに最適の職業かも知れない。なにせ自宅にひきこもったまま働けて収入が得られるのだから。ひきこもりにとってこんな美味しい話はない。しかし世の常として美味しい話には必ずといっていいほど裏や落とし穴があるものだ。まずは単価。在宅仕事のほとんどが業務委託という形をとっているため通常の勤務形態のような最低賃金保証の規定が適用されない。なので驚くほど賃金が安い。一番簡単なデータ入力にいたっては1件あたり数円から数十円の世界だから一日中キーボードを打ちまくってもその収入はたかが知れている。生計を立てる前に間違いなく腱鞘炎になる。それでも契約通りに支払ってくれる業者さんはまだありがたい方。納品前にいきなり単価を下げてくるなんざ日常茶飯事だしもっとひどい場合には一銭たりとも支払われないケースもある。クライアントに問い合わせてもなしのつぶて。訴えたところで被害額の数千円から足が出てしまう。そうなるともう泣き寝入りしかない。最近ではもっと悪質なケースがある。そもそも仕事自体が最初から存在しないのだ。これにはくれぐれもご注意いただきたい。応募の際に提出を求められる個人情報を集めることが目的だったりサイトを閲覧させてアフィリエイトを稼ぐのが目的だったりどっちにしても詐欺のような在宅勤務者募集がうじゃうじゃはびこっている。ひと昔前は在宅仕事を斡旋する代わりに高額なパソコンを購入させる手口が横行していたのだがこれについてはクーリングオフ制度が認知されてきたこともありすっかり陰を潜めている。この手の詐欺に引っ掛からないためにはまず仕事を提供する会社についてよく調べることと出来れば一度だけは我慢して実際に面談することが肝心である。それも近くのファミレスとかではなく先方の会社で直接打ち合わせすると尚一層安心出来る。これは詐欺から身を守るだけではなく先方からも信頼され継続して仕事をもらえることにもつながるのでお薦め。会うのが一度だけなら薬に頼ってでも何とか頑張れるのではないだろうか。いずれにせよ在宅仕事で生計を立てるには単価の安さを仕事量でカバーするかスキルを上げるかしか方法がない。スキルが必要な仕事に関しては単価も上がるが当然高いコミュニケーション能力も要求される。SEやPGは収入にはなるがその分要求も高い。完全な在宅で一切ひとと会わずに出来る仕事というのもかなり限られる。結局は仕事をとってくる営業力が欠かせないということになりだったらひきこもってなんかいられないでしょという話しになる。オリジナルで作成したシステムやソフトをネット販売しているSOHOもあるが余程のヒット商品を開発しない限り十分な収入が得られるほどの需要は見込めないだろう。成功しているSOHOがあるとすればそれは対人恐怖だからひきこもりだからという精神的な理由ではなく合理的だからという現実的な理由で在宅という形態を選んだひとたちなのではないだろうか。

こうしてみると仕事にはというか世間にはなんと落とし穴の多いことか………。世の中穴ぼこだらけである。百万人がひきこもりたくなるのも無理はない。穴を上手く避けながら生き抜いてる皆さんを改めて尊敬する。
結局このような消去法でいったらまず仕事は見つからない。ある程度の妥協と希望的観測で選ぶ必要がある。

普通に考えれば人間関係を恐れているひとが接客商売を選ぶはずはない。ひとと会うのが楽しくてひとと一緒に働くことに喜びを覚えるからこそ接客業を選択するのだろう。ボクも屋台の営業をする日は100人以上のお客さんと会っていることになる。辛い時もあるが辞めたいと思ったことはない。少なくとも苦痛ではない。屋台と地面の高低差のお陰でお客さんとほとんど視線が合わないのが幸いしている。矛盾しているかも知れないが屋台商売という接客業はSOHOと同じかそれ以上の究極のひとりっきり仕事だとボクは思っている。むしろひととのつながりを求めている根っからの接客商売好きな方にはあまりお薦めできない。非常に孤独な仕事である。根っからの孤独好きな人でないと勤まらない。商売を始める前の希望的観測が実際にやってみて確信に近付いている。同じ悩みを抱えてるひと達に声を大にして薦めたい。

………なのに何を血迷ったかボクは今週の月曜日に採用面接に行ってきた。バイトではなく正社員である。ひきこもり憧れの人気職業ベスト3ではなく完全なオフィスワークである。そして今激しい後悔の念に襲われている。面接ではもちろんほとんど受け答えできなかった。それどころか顔も満足に上げられなかったので親切な従業員さんと優しそうな社長さんの顔を全く思い出せない。明日もしも街ですれ違ったとしても誰だか分からないだろう………。しかも履歴書に貼ったボクの写真はいけないと思いつつPhotoshopで思いっきり修正してしまったし。合否は1週間後に郵送されるそうである。その前に辞退の連絡をしようかと思い悩んでいる。しかし先方が採用する気がなかったとしたらそこに辞退の連絡を入れる行為はこの上なく恥ずかしい。なので執行を待つ死刑囚のような心境で厳かにその日を待ちたいと思う。
明日は久々にたこ焼きをくるくるしに行く(予定)



屋台のメリット02:14comments(5)|-|
bot