PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
<< 家庭でたこ焼きTOP PAGE仕切り直し >>
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
親切な社長さん
■今日の出来事

こうしてパソコンに向かってる背後にはダンボール箱がうずたかく積まれている。連休中は問屋も休みになるので5日分の材料を昨日仕入れておいた為だ。そのうちの今日の1日分は既に不要になってしまった。いや、もちろんGWが明けた後にも使えるのだが昨日の皮算用では連休中はいつもより売り上げが上がると見込んでかなり余分に仕入れてしまったのでこんなことならもう少し出費を抑えられたのにとそのことが悔やまれる。なぜ気付かなかったのか?今日は水曜日。普段はこの日が定休日の不動産屋さんにお願いして店舗前に屋台を置かせてもらっている。不動産屋さんは全国的に水曜日が休みなのだがこれは契約が「水」に流れるということを忌み嫌った為といわれている。ただし祝祭日はこの限りではない。お客さんの来店も多いことから営業しているお店の方が多い。お世話になってる不動産屋さんも祝祭日は営業している。GWということで張り切って仕入れたのだからそのことに思い当たってもよさそうなものだが何を勘違いしたか今日のこのこと出掛けて行ってしまった。当然のことながらお店は営業中で店舗前の駐車場も来客用で埋まっている。かくして本日は往復のドライブでガソリンを無駄にしただけに終わってしまった………。
普段サボった時も情けなく虚しいものだが今回は一応営業する気が満々だった為尚更自分の落ち度が悔やまれる。事前に気が付いて不動産屋さんにお願いしておけば親切な社長さんのことだからきっと屋台用に1台分駐車スペースを空けておいてくれただろう。もしかしたらその場でお願いしても何とかなったかも知れない。


■むかしむかし

営業場所を探していた頃、床屋さんに失敗したボクは目先を変えて不動産屋さんをあたることにした。引越が多かったボクにとっては床屋さんよりも不動産屋さんの方がまだしも馴染みがある。何となく恐いイメージもありハードルの高さはさほど変わらないのだが店員さんが常に動き回ってる床屋さんよりは話しかけるタイミングを計り易そうな気がしたのだ。計画通り休みの前の日である火曜日にかねてから目をつけていた不動産屋さんを思いきって訪ねてみた。幸い店内にお客さんの姿はなく年配の男女が1名ずついるだけだった。しばらく遠くから様子を伺っていたがこれでは前回の床屋さんの二の舞いになりかねないのでここは勇気を振り絞りどちらかというと話し易そうな女性に向かっておそるおそる声を掛けてみる。しかし飛び込み営業という初めての体験に緊張し全く要領を得ないボクに業を煮やした女性は「少々お待ちください」と後ろに下がってしまい、代わりに白髪で小柄なちょっと強面の男性が「何でしょう?」と眉根を寄せながら現れた。ボクは更にしどろもどろになりながら手作りチラシを片手に必死で説明した。男性は眉根を寄せたままチラシとボクの顔を交互ににらみながら「要はうちの店の前に屋台を置かせろと、こういうわけですか?」としゃがれた低い声で言う。あああ入る店を間違ったかも知れない。このまま裏の事務所に連れ込まれる恐ろしい妄想を抱きながらボクの膝は震えていた。その男性はしばらく無言でチラシに見入っていたがやがて「いいよ」といともあっさり承諾してくれた。そのあまりのあっけなさに「は?」と聞き返すボクに男性は「でもこんなへんぴな場所でいいの?」と真顔で聞いてきた。確かにその立地に関しては思うところもあったのだが上手く説明できないので「はい」とだけ答えしばらくしてから忘れてたお礼を慌てて付け足した。ローカル線の小さな駅前にあるその不動産屋さんはお世辞にも人通りが多い立地とは言えない。それでもまだ屋台を始めて間もないその頃のボクにとっては通りに面してるだけで充分だったのだ。屋台としては矛盾しているのだがあまりに人通りが多いにぎやかな場所ではやりたくなかった。いや、やれない。そもそも人込みが大の苦手なのだ。こう言っては何だがそのお店くらいの人通りがボクにとってはちょうどいいのだ。でもさすがにそれは失礼だと思ったので男性には説明しなかった。思わぬ展開に呆然としてしまったが大事な一言「出来ましたら早速明日から営業させてください」とお願いすることだけは忘れずにその快諾も得た上でお店を後にした。外に出てから改めて頂いた名刺を見てその男性が社長さんであることを知った。なぜこんなにもあっさり承諾してくれたのだろう?何か裏でもあるんじゃないだろうか?後で法外なショバ代を請求されたりして?いやいやそんなことより明日からの営業の準備をしておかないと。あ!傾斜だけでも測ってくればよかったかも………。様々な思いとともに初めての飛び込み営業の興奮はなかなかおさまりそうになかった。


営業場所を探そう23:09comments(0)trackbacks(0)
bot
top
スポンサーサイト


|-|23:09|-|-|
bot
top
COMMENTS

SEND COMMENTS


bot
TRACKBACK URL
http://2016.jugem.jp/trackback/42
TRACKBACK