PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
<< 警鐘が鳴るTOP PAGE初クレーム >>
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
火傷に注意
■今日の出来事

予報通りの雨と風の一日。今日に限っては気持ちが沈んで休んでるのではなくあくまでもお天道様のご都合による臨時休業。実は雨の日でも営業できるようにと大きいパラソルを買って屋台に積んである。直径2.5mくらいの緑色の布製で一応防水加工済みというやつを選んだのだが実際は全く役に立たない。防水が全然効いてない。市販の防水スプレーを吹き付けてもしばらくするとパラソルの中でも雨が降ってくる。なので最近ではもっぱら日除け用としてのみ使っている。キャンピングカー用品としてサイドオーニングという車体に直接固定させるテントもあるにはあるのだが高価過ぎて手が出ない。何が言いたいかというと、だから雨の日はお休みしているという言い訳。


■むかしむかし

火傷に注意といっても自分の火傷ではない。それはたこ焼き屋をやる以上多少は覚悟が必要だろう。注意するのはお客さんの方だ。焼き立てのたこ焼きの熱さは半端じゃない。測ったことがないので正確には分からないが何せさっきまで鉄板の上でしゅーしゅーと湯気を吐いてたのだから熱いに決まっている。関西で冷めたたこ焼きなど出そうものならお客さんが黙ってないだろう。しかし関東では、少なくともボクが営業している東京や埼玉では熱いといって文句を言うお客さんがたまにいらっしゃる。PL法ではないがメニューの目立つ所に火傷に注意するよう書いておかないと責任問題にもなりかねない勢いだ。これはボクにはちょっと信じられない。心外だ。たこ焼きは熱くて当たり前。冷めたらたこ焼きじゃあない。お持ち帰りすること自体に内心じくじたる思いがあるほどで出来ればその場でハフハフ言いながら食べていただくのがベストだと思っている。お持ち帰りが仕方ないとしたらせめて焼き立て熱々のものを提供したい。それでも家に着いた頃には冷めてしまうだろうが少しでも冷める度合いを抑えたい。焼いたたこ焼きをプラスチックのパックに詰めて店先に並べておくなんて絶対に許せない。焼き置きも許し難いがプラ容器なんてもってのほかだ。湯気が水分となりせっかくのたこ焼きがべちゃべちゃになってしまう。たこ焼きには紙パック、しかも水分を吸い取る加工がしてある箱を使うべきだろう。ちなみにうちで使っている紙パックはひと箱14円する。プラ容器の5、6倍だ。商売をしている人なら分かるだろうが350円の売価のうち4%が容器代というのは普通考えられない。最初はかなり迷って実は一時プラ容器を使ってしまった時期もある。自分で食べてみてすぐにやめた。コスト意識や効率も確かに大事だ。焼き置きをしないということは常に焼き続けるということで、ちょっとでも時間が経ったものは捨てなければならないということだ。たとえその時点では冷めていなかったとしても。何分まで大丈夫かの判断は難しい。自分で食べてみるしかない。それでも一旦決めた時間は必ず守らないと常に同じ味で提供することができなくなる。5分と決めたら5分過ぎたものは機械的に捨てる。未練を持たない。ロスが出るとコストが掛かる。効率も悪くなる。焼き置きして古い順番にお客さんに出していった方が無駄がない。いわゆる先入先出という商売の基本だ。どこのコンビニでもスーパーでも棚の手前が一番古い商品になっている。しかし、コストが掛かっても効率が悪くてもそれでもこれだけはこだわっていきたいと思っている。常に熱々のたこ焼きを提供すること。「火傷にご注意!」の注意書きは実はこだわりのアピールでもあるのだ。


こんな点にご注意!22:28comments(5)trackbacks(0)
bot
top
スポンサーサイト


|-|22:28|-|-|
bot
top
COMMENTS

地方駅前で店舗を借りて一人でたこ焼屋をやってます。スーパーの一角にある3軒ならんだ同じほどの広さの店舗です2坪ほどの小さな店です。半年目になりますが中々売上げは伸びません。ここのはうまいと言ってくれる常連さんも結構いますが、人通りは少なくかつ年齢層は高くて、左右の店舗(焼き鳥屋と餃子屋)にほとんど流れていきます。店賃、材料費、光熱費などをひいて毎月の残るお金は5万円あればいいほうです。もう乏しい貯金も底をつきそうです。残念で悔しいけどもう辞めて他の仕事を探す決心をしました。
2016さんの健闘を祈ります。
| 井上 | 2007/03/31 8:40 AM |

> 涼子さん
ここのブログで宣伝したら売れ上げアップするかも知れませんね?(笑)もちろん無理ですけど。今のところ多分お客さんにはバレてないと思いますがもしも「よ!ブログ見たよ!」なんて声掛けられたらその場に卒倒しちゃうと思います(笑)商売人失格です。
でもこのブログを始めて、こうして色んな言葉を掛けていただいて、少しずつ対人恐怖も改善されていくんじゃないかなって、ちょっと期待してるんです。今まで出会ったような人ばかりじゃないってことが少しずつ実感できるようになってきたから。いつか人前で「へい!っらっしゃい!」なんて堂々と商売できるようになれたら夢みたいですね。
「いえね、あっしも昔はひきこもりって言うんですか?アレだったんですよ、ええ。いや、ホント。でね、ブログってやつ始めたんですけど、そしたら色〜んな人から声掛けてもらってね、あああ世の中にゃ優しい人もいっぱいいるんだなぁ、って、そう思えるようになりましてね、ええ。それからなんですよ。なんかね、人生って、そんなに悪いもんじゃないんじゃないかなぁ〜なんてね、へへ。そう思うようになったんですよ、はい」(妄想中)
| 2016 | 2006/05/09 6:36 AM |

私がいつも仕事の帰りに通るたこ焼き屋さんは、プラスチックのパックなんです。そして作り置きされていて、パックが山積みになっています。今まで私はそれが当たり前のことなんだろうと疑問ももたずにいました。
そうだったのか〜…と、今日の記事を読んで目から鱗が落ちました。

ああ…今日の記事を読んで、本当にふわとろさんの作ったたこ焼きが食べたくなりましたよ〜!!!
モチロン熱々をその場で(笑)…食べたい!
| 涼子 | 2006/05/08 11:21 PM |

> ヤマザキさん
はじめまして!こちらこそありがとうございます。
いえ、勇気がないから言い訳ばかり書いてて、こんなに長い駄文になってしまうのです………。

おっしゃる通りお客さんの評価はやがて売上に現れてきますね。ごまかしはきかないということだと思います。それを肝に命じておかないと目先の売上金額だけにとらわれて、知らぬ間に大切なお客さんを失いかねません。
売上が落ちてくると焦ってしまい、そんな大切なことすら忘れてしまうのです。何度かその落とし穴にはまってしまい危うく信用を失うところでした。そして過ちに気付かせてくれるのはいつもお客さんなのです。感謝してもしきれません。

ヤマザキさんのお言葉、とても励みになりました!また明日からがんばれそうな気がします。本当にありがとう。
| 2016 | 2006/05/08 6:54 PM |

ふわとろさん、いつもブログ見させて下さりありがとうございます。
他からの批判を覚悟で正直な思いを表現しておられる勇気を感じます。

ところでたこ焼きのクオリティーを保つためにされている努力につい
て、努力は味に現れますから口に出さなくても味が落ちたと感じれば
買わなくなります。

何も考えないで買って行く人も少しはおられるでしょうが、目に見え
ない努力を感じている人のほうが多いと思います。そんな人はあまり
言葉として表現しないと思います。

作り置きをしないプラ容器を使わない事などに、ふわとろさんの職人気質が現れています。私はそんなお店が好きです。
| ヤマザキ | 2006/05/08 6:41 PM |

SEND COMMENTS


bot
TRACKBACK URL
http://2016.jugem.jp/trackback/46
TRACKBACK