PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
<< 火傷に注意TOP PAGE社長の息子さん >>
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
初クレーム
■今日の出来事

しとしと降り続く雨にせっかくの元気も消沈気味………。思いきって月曜日を定休日にする案が再び浮上。可決される見通し。


■むかしむかし

焼き置きをしないのは最初からではなかった。営業を始めた頃は「もったいない」という意識の方が強く、ぎりぎりまで鉄板の上で転がし、これ以上焼いたら固くなり過ぎるとなったら今度は箱に入れて並べておき、なんとか無駄にしないようにと必死になっていた。それでもそこそこ売れてはいたしどこかに「どうせ持ち帰るんだから」という気持ちもあって特に気にはしていなかった。売上が落ちてきたのも目新しさがなくなってきたせいだろうと高を括っていた。そんなある日、ひとりの中学生が「あのぉ………」と声を掛けてきた。「はい?」と答えてもうつむいたまま何も言わない。「たこ焼きですか?」と聞くと「はい。あ、いえ………」とまた黙ってしまう。よく分からないままとりあえず注文だろうと思い箱詰めしてあったたこ焼きを手にすると「あ」と小さな声で遮り「あの………この前のがちょっと固くて冷めてたので………」と消え入りそうな声で言う。それを聞いてボクはハッとした。何度か見かけた中学生だ。多分近所に住んでいるのだろう。いつも恥ずかしそうにもじもじしながら注文して、逃げるように帰ってしまうあの子だ。慌ててお詫びをして箱詰めではない、鉄板の上の焼き立ての方を渡した。顔を真っ赤にしたその子よりも言われたボクの方が顔から火が出るほどうろたえていた。いわば初めてのクレームだ。その中学生はお詫びの言葉を繰り返すボクには目もくれずに走って帰って行ってしまった。ショックだった。固く冷めたたこ焼きを出してしまったこともそうだが、あの子に言わせてしまったことに申し訳ない気持ちでいっぱいだった。あああきっとあの子は二度と来てくれないだろう………。冷めたたこ焼きを渡してしまったのは前回だけじゃないかも知れない。いや、きっとそうだろう。あの子は何度か冷めたたこ焼きにがっかりさせられながらそれでもまた買いに来てくれていたに違いない。随分大人しい中学生だった。それで覚えていたくらいだ。そんな子がたこ焼き屋さんに文句をつけるというのはきっと相当な勇気が要ったことだろう。大人だってなかなか言えない。普通クレームがあっても何も言わすに次からそのお店に行かないという人の方がはるかに多い。それをわざわざ言ってくれた。でもそのことでボクを怒らせてしまったと考えてるかも知れない。あの子は文句を言ってしまったことを後悔してるかも知れない。ボクだったら言う勇気はない。絶対に言えない。もし言ってしまったら二度とその店には近寄らない。あの子も同じことを考えてるような気がした。取り返しのつかない大失敗をしてしまった。もったいないからと固く冷めたたこ焼きを売ってたこと。そしてせっかくそのことを指摘してくれたお客さんにきちんとお礼が言えなかったこと。その後どうやって片付けて帰ってきたか分からないほど頭の中は真っ白だった。その日以降しばらくは営業する気にならなかった。その間、ずっとその中学生のことを考えていた。そしてこれからのことを。もう二度と焼き置きはしないということは迷うことなくすぐに決まった。そしてそのことに気付かせてくれたあの子にちゃんとお礼を言わなければならないと思った。買いに来てくれなくてもいい。もし近所で見掛けたら恥ずかしくてもボクから声を掛けてきちんとお礼だけは言おうと決心したのだった。


いよいよ初営業22:39comments(9)trackbacks(0)
bot
top
スポンサーサイト


|-|22:39|-|-|
bot
top
COMMENTS

やばい、泣いた(;;)
なんていい人なんだ!2016さんは
僕もなんかやる気出てきた!
でも、涙が止まらん!ぐすっ。。
| DEC | 2012/01/13 4:42 PM |

> 南さん

はじめまして。いろいろと悩んでらっしゃるんですね………。こちらも凹んでばかりで何にもお力になれませんが、もしよろしかったらコメント欄に寄せられた温かいお言葉の数々を是非読んでみてください。それだけが唯一の自慢ですので………。
| 2016 | 2006/08/08 6:16 AM |

はじめまして。

こちらのことは先ほど見つけて、ずっと最初から読ませていただいています。実はいろいろ悩んでいてここにたどり着きました。もう少し読んでからコメントさせてもらおうと思ったのですが、この記事にあまりに感動してしまいました・・・。

なんか涙が止まりません。


| 南 | 2006/07/31 8:02 PM |

> とかげさん
ポン酢、大根おろし、なるほどさっぱりしてて夏向きですね。うんと辛いのが逆に一番いいかも知れないですね。今のうちに色々と試作してみます。やっぱりたこ焼きにはこだわりたいですし。
1年通すと冬場の寒い時期の方がやはり売上はいいのですが、ボク自身のたこ焼きのイメージってなんとなく「夏」なんです。夜店やお祭りの印象が強いからかも知れませんが。夏の夜に外で食べる熱々のたこ焼きもなかなか乙なものです。

灼熱地獄は防ぎようがないですねぇ………。メリットは夏場だけで数kgは確実に痩せられること(笑)
| 2016 | 2006/05/12 6:00 AM |

たこ焼きにこだわらなければ、
夏らしい冷たい食べ物はいろいろとあるんでしょうけど、
たこ焼きだったらあっさり食べられるようなのがいいかもしれないですね。
ポン酢とか、大根おろしとか、ネギたっぷりとか。
もしくはカレー味とか、唐辛子味みたいな、うんと辛いのも夏にはピッタリだと思います。

でもそれより、灼熱地獄になる車内をどうするかってのが、
ホントの問題なのかもしれないですね。。。
| とかげ | 2006/05/11 12:01 PM |

> クララさん
そうですか、クララさんも恥ずかしがり屋さんだったんですね。
クレームってなかなか言い出せないですよね?昨日スーパーでネギを買ったら値札とレジの金額が違ってたんですけど、結局言えませんでした。レジ係の人も忙しそうだったし並んでる人も大勢いたので、ボクの数十円のために中断させるのは悪いと思っちゃったのです。悪いというかその人達からどう思われるかが恐かったのです。「こっちも忙しいのに」「たった数十円のことで」「さっきから並んでるんだらか早くしてよ!」「なんであの人の為に待たされるの?!」そんな声が頭の中に聞こえてきます。実際にその人達がそう思うかどうかは関係なく、自分の妄想だけでいたたまれない気持ちになってしまうのです。しばらく経ってから、レジを間違えたお店よりも言えなかった自分に対してだんだん腹が立ってくるのです。そんなことがしょっちゅうあります。

その中学生はやっぱりその後買いには来てくれませんでした。でもある日、お母さんと一緒に出かける彼の姿を見つけて、思いきってボクの方から声を掛けました。彼も驚いてましたが、事情を知らないお母さんはもっとびっくりしたようです。しどろもどろになりながらも、なんとかお礼を言うことが出来て、また是非たこ焼きを食べに来て欲しいと伝えてその日は別れました。そしてまた再び買いに来てくれるようになったのです。それだけでなく、彼自身のこともぽつりぽつりと語ってくれるようになりました。いじめられたこと、不登校のこと、好きな趣味の話、相変わらず口数は少ないですが、買うたびにちょっとずつ笑顔も見せてくれるようになってきました。最近は中3になって忙しくなったのか回数は減りましたが、自転車で出掛ける時とか屋台の方をちらっと覗いていってくれます。そんな時は別に手を振るでもないのですが何となく嬉しくなって自然とニヤニヤしてしまいます。
おっしゃる通り、ちょっぴり痛くて嬉しい経験でした。
| 2016 | 2006/05/10 1:44 AM |

> とかげさん
その節はメールありがとうございました。それに今日はコメントまで!!

夏………。厳しいんですよ、本当に。昼間は暑過ぎるので日が完全に暮れてからでないと車内でたき火はできませんし。なので結果的に営業時間が今よりもずっと短くなってしまうのです。
そうなんです。新メニューを考える必要があるんです。去年は考えてるうちに秋になっちゃいましたので、今年は今から考えるようにします。何かいいアイデアがあったら是非教えてくださいませ。
| 2016 | 2006/05/10 1:13 AM |

いいお話ですね!
きっとその子はほんとうにふわとろさんのたこ焼きが好きなんだと思います。
もじもじして注文し、逃げるように去る・・・クララもそういう中学生でした。
でも、ちゃんとクレームを言えるその子はえらい!
中学生といえば、最近までランドセルからっていた本当に子供。
だからこそ、大人がはっと驚かされることってあります。
ふわとろさんにとっては辛くても、決して悪い経験ではないですよね。
またその子がたこ焼きを買いに来てくれることを祈ってます。
人の縁って不思議なものなので、ふわとろさんとその子に縁があるなら、また来てくれると思います。
クララ | 2006/05/09 7:46 PM |

以前にメールしたものです。
いつもいろんなことを考えながら読ませてもらっています。

冷めたたこ焼きは出さないという信念の裏にあった、このエピソード、
すごくふわとろさんの誠実さが現れてて、胸が熱くなりました。

最近はあまり天気がよくないですが、これから暑くなる夏に向けて、
新メニューでも考えてみてはいかがでしょう?
前向きに頑張りましょう。
応援しています。
| とかげ | 2006/05/09 12:24 PM |

SEND COMMENTS


bot
TRACKBACK URL
http://2016.jugem.jp/trackback/47
TRACKBACK