PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
<< 優先順位TOP PAGEおしゃべりな頭 >>
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
二枚舌
■今日の出来事

屋台をやってるとお客さんから「どう?もうかる?」と聞かれることも多い。いつもお決まりの文句「ま、ぼちぼちですね」でごまかしてるのだがたまに突っ込んで聞いてくる人もいる。動機は多分2つあって、ひとつは単なる興味本位やひやかし、もうひとつは屋台商売に興味があってリサーチしたいという人。前者は笑ってごまかすのだが、後者の場合はもしかしたら何かの役に立てるかも知れないと考えて出来るだけちゃんと答えるようにしている。ただし他にお客さんがいない時に限る。どちらの理由かはもちろん正確には見分けがつかないが後者は比較的若い人が多いように思う。でも今日尋ねてきたのはちょっと年配のおじさんだった。一瞬興味本位かなとも思ったがその割には口調がばかに丁寧な方だったので色んな質問に出来るだけ正直に答えるようにした。話すのは苦手だが日常会話に比べたら質疑応答の方がいくらか気分も楽である。車はどこで改造してもらったのか?に始まり、改造費はいくらか?許認可は取ってるのか?仕入れは?など具体的な質問が続きそしてやはり、いくらもうかるのか?という核心についても聞いてきたのでボクは正直に「そうですね、日によって違いますけどだいたい7万から10万くらいでしょうか」と答える。その人の目がちょっと輝いたような気がした。正直というには語弊があるが、この手の質問にはいつもこう答えるようにしている。決して見栄をはっているのではなく以下のようなボクなりの理由があるのだが………。

・営業時間:19:00〜22:30(3時間30分)
・売上金額:24,500円

(参考/売上の推移グラフ)
yen_gs

■むかしむかし

日記に書いてあるのは正真正銘実際の売上金額そのままである。もしかしたらこれから屋台をやってみたいという人が見ているかも知れないので参考までに言うと、ボクと違い真面目に屋台をやっている人の一日の売上金額は少なくともボクの3、4倍はある。ボクの師匠にしても年商2,000万円以上はあるはずだ。屋台商売を目指す人はボクの売上金額を見てがっかりしないで欲しい。最初の頃ボクも一日だけ朝からの営業に挑戦してみたことがある。挑戦というと偉そうだが実際は普通の社会人の方々と同じように働いただけ。朝10時頃から始めて夜の10時半まで約12時間。その時の売上は7万円。もしこれを週休1日で25日間続けたとすると1ヶ月の売上は175万円、1年で2,100万円という単純計算が成り立つ。決して少ない年商ではない。真面目にやってる人の中にはそれ以上売り上げてる人も多いだろう。ボク自身は売上金額よりもひとりで出来るというその商売の形態にひかれて屋台を始めたのだが、独立起業という観点からも十分魅力ある商売ではないかと思っている。ちなみにボクは朝から晩まで営業した翌日から3日間腰痛で寝込んでしまった。それ以来一度も挑戦していないし今後もする気はない。
一日の売上が7万から10万という答えはあくまでも一般の方々に向けたもの。この日記に書いてるボク自身の売上はボクと同じようにひきこもりやニートと呼ばれる人たちに向けたもの。いくら、現状を打破したい、自立したいと考えているからといって、じゃあ朝から晩まで働けるかといわれれば正直ボクには自信がない。しかも対人恐怖やら他の病気を抱えているとしたら尚更無理だろう。だからこそ普通の就職やアルバイトは最初からあきらめたのだ。でも一日3、4時間であれば、しかも仕事をする上で他の人に迷惑を掛けないで済むのであれば決して無理ではないし、一般の方々は少ないと見るかも知れないがある程度の収入も得られるし、仕事としては十分選択の余地があるのではないかと思っている。それがボクなりの二枚舌の理由である。


屋台のメリット22:29comments(0)trackbacks(1)
bot
top
スポンサーサイト


|-|22:29|-|-|
bot
top
COMMENTS

SEND COMMENTS


bot
TRACKBACK URL
http://2016.jugem.jp/trackback/50
TRACKBACK
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/09/29 3:23 PM |