PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
<< どん底TOP PAGE魔法の呪文 >>
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
メンテナンス
■今日の出来事

去年の梅雨はどうしてたか?あきらめてひきこもっていたか、雨の中がんばって営業していたか、まるで記憶にない。帳簿を見る限り一応普段通りには働いていたようだ。普段通りというのは週に1、2回ということだがそれが天気のせいかやる気のせいかは今となっては定かではない。


■むかしむかし

車に詳しい人なら心配いらないがボクの場合は屋台に相当手こずっている。以前に見取り図を書いたことがあるが屋台用に改造してあるので普通のワゴン車とはだいぶ様子が異なるのだ。
例えばウィンドウ・ウォッシャー液。これが切れた時にスタンドで補充してもらおうと思ったらタンクがどこにあるか分からない。詳しいはずの店員さんでも見つからず結局入れてもらうことができなかった。帰ってきてからモーター音を頼りに探してみるとどうも助手席の下から聞こえてくるようだ。ところが助手席には冷蔵庫が設置されているので簡単に座席を退けるわけにはいかない。なのでいまだに確かめられずにいる。もちろんウォッシャー液は切らしたままだ。走行中にフロントガラスが汚れると窓から無理矢理手を伸ばして洗剤を直接スプレーしている。
後部に合計4箇所シンクが付いているのだがこれにも悩まされることが多い。突然水が出なくなってしまう。家や店舗とは違い常に運転による振動にさらされているのでどうも接触が悪くなりやすいようだ。そればかりでなくポンプ用のバッテリー上がりやヒューズ切れなども起こりやすい。最初はどこにヒューズがあるのかも分からなかった。普通あるべきはずの場所とはまるで違う場所にぽつんと付いているのでスタンドにお願いしても店員さんはお手上げだった。
派手なワゴン車がスタンドにやって来ると店員さんは「またか……」という露骨にイヤな顔をする。いや、実際は分からないが少なくとも歓迎はしてないように感じる。現に以前単にガソリンを入れに行っただけなのだが近寄ってきた店員さんに「今度は何ですか?」とうんざりした声で聞かれたことがある。それ以来メンテナンスは改造してもらった車屋さんに頼み、ガソリンは無人スタンドで入れるようにしている。セルフサービスとうたっているのになぜか店員さんがいる所もあるので要注意。


こんな点にご注意!22:27comments(1)trackbacks(0)
bot
top
スポンサーサイト


|-|22:27|-|-|
bot
top
COMMENTS

> 雀屋さん、涼子さん
ご指摘ありがとうございました。原因が分からなかったので結局新しく作り替えちゃいました(笑)
日記の内容はともかく、せめてテンプレだけでも明るくしてみようかな、と。

ちなみに当方、世の少数派であるMacを使い続けているので、Winからだとどう見えるのかよく分かりません。一応Macに無理矢理Win2000を入れて見え方の違いは確認しているのですがこれにも限界があります。なのでレイアウトのズレや今回のような現象をご指摘いただくと大変助かります。
お手数ですが今後とも宜しくお願い致します。
| 2016 | 2006/05/20 6:17 PM |

SEND COMMENTS


bot
TRACKBACK URL
http://2016.jugem.jp/trackback/56
TRACKBACK