PROFILE
CONTENTS
RECENT COMMENT


SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CALENDAR
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
QR CODE
qrcode
PROFILE
名前:2016(ふわとろ)

そろそろニート&ひきこもりを卒業したい。
でもとてもじゃないけど就職なんてできません。
ひとと一緒に働くのが恐いので
フリーターにもなれません。
誰にも迷惑をかけず
ひとりでできる仕事はないものでしょうか……。
いろいろ考えて悩んだ末
たどり着いた結論が実に唐突ではありますが
「そうだっ!たこ焼き屋をやろう!!」
というものでした。
根っからの無計画さが災いして
早くも挫折しつつありますが
こうして反省やら愚痴やら
独り言やらを記し残しておくことで
たとえ少しずつでも前進できたらいいなと
そんな思いで始めた日記です。

現在(■今日の出来事)

過去(■むかしむかし)

が入り乱れていて読みづらいかと思いますが
何かしら感想や叱咤激励のコメントを
いただけたら大変嬉しく思います。
(since 28/03/2006)

↓さらに自己紹介
OTHERS
<< 笑顔TOP PAGE生活 >>
top
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



|-||-|-|
bot
top
覚醒
■今日の出来事

もしも仕事に出掛けようと戸締まりをした後で急にトイレに行きたくなったとしても今閉めた玄関の鍵を開けゆっくりと用を足せばいい。5分10分遅れたところで何の問題もない。誰かに叱られる訳でも罰金をとられる訳でもない。この1点だけをとっても屋台というひとりぼっちの仕事の何と素敵なことか。就職出来ないひがみも相まって尚更そう実感する。

バイトも含めて就職に関しては綺麗さっぱり諦めた。諦めたというより目が覚めた。結局は就職した姿を親に見せたかっただけかも知れない。親父が倒れたとき病院にかけつけたボクの薄汚れた格好を見て親戚の手前恥ずかしいからすぐ着替えるようにと母にお金を握らされた時のあの屈辱の記憶を消し去りたかったのかも知れない。焼き台の油とススでどうしても汚れてしまうけど毎日きちんと洗っているんだよと必死に弁明しても顔をしかめて病室から追い出そうとしたあの時の母の目を忘れたかったのかも知れない。ボクは身綺麗なスーツ姿で誰の目をはばかることなく堂々と帰省したかったのだ。ただそれだけの為にボク自身が屋台を卑下しその素晴らしさを忘れてしまっていたのだ。

今日は途中でネギが足りなくなったり給水ポンプが急に動かなくなったり火傷をしたりそんなちょっとしたトラブルの連続だった。でもそれらトラブルもひっくるめて全ての出来事が愛おしく感じた。まるで公園に捨てて来た猫がひょっこり舞い戻って来たかのような後ろめたさと安堵感を覚えた。

そういえば今頃になって先日面接を受けた会社から通知が届いた。案の定不合格通知ではあったのだが採用担当者からの手書きの文面が添えてあった。社長がボクを評してユニークだと語っていたらしいことや合否の決定に最後まで迷ったらしいことや11月以降にもしもまだ就職が決まっていなかったらその時は改めて声を掛けて欲しい旨などが丁寧に書き綴られていた。もちろん社交辞令だろうがその心遣いが胸にしみた。きっと素敵な会社なのだろう。

・営業時間:19:00〜22:30(3時間30分)
・売上金額:25,900円


ある日の営業日誌05:19comments(7)|-|
bot
top
スポンサーサイト


|-|05:19|-|-|
bot
top
COMMENTS


> ババンギターさん

すごいですか?ボクもここまで浮き沈みの波が大きいと、別の意味ですごいのかなとも思いますが………。手紙が来たのは事実ですが、ボク自身が勝手にいいように解釈しているだけだと思います。ま、その思い込みもすごいことなのかも知れませんが………。

______________________

> ぽちさん

その後どうしてますか?独学で修得した方法でがんばっているのでしょうか?なんだかとっても懐かしい感じすらします………。

______________________

> キムラさん

この日に書いたことを今読み返してみると不思議な気がします。書いてあることはもちろん嘘ではないのですが、どうも自分が書いたような気がしません。何度も何度も読み返しているうちにちょっと泣けてきました………。

______________________

> saoriさん

どちらかというと母の方が正論なのでしょうね。昔からそうでした。それでも何とか認めてもらおうとした時期もありましたし、今でも申し訳ない気持ちがあります。あれ以来、実家には帰っていませんが、たとえ帰省する機会があっても、たこ焼きの屋台車で乗り付ける訳にはいかないでしょうね。実家の駐車場ではなくて、100円パーキングにでも駐車するようになるでしょう。そのことだけでも気が重くてなかなか帰る気にはなれません………。

______________________

> 歩くひきこもりさん

なんとなく………分かるような気がします。ひきこもりの一番の問題は、家から出られないことではなくて、どこに居ても心がひきこもってしまうことなのかも知れませんね………。せっかく読んでいただいたそばから、またこんな風にひきこもってしまって………なんだか恐縮です。めしやさんもお仕事で色々大変なご様子で……。あ、ちなみに、こっそりと読ませていただいてます。そのうちおじゃまするかも知れません。めしやさんの癒しのお話を読んでたら、唐突ですが田口ランディの「コンセント」をちょっと思い出しました。

______________________

> まうさん

ただいま。
寅さんに憧れて始めた屋台だったけど、寅さんのように自由な心が持てずにいます。あれはやっぱりお伽話だったのでしょうかね……。寅さんだったらふらりと旅にでるところでしょうが、どっぷりとひきこもっております。

| 2016 | 2006/11/03 6:10 AM |

ふわとろさん、こんにちは。
毎日遊びに来ています。

また会いたいです^^
| まう | 2006/11/02 10:35 AM |

はじめまして。

ひとり暮らし、無職、中年、仕事探しに行き詰まって、このページにたどりつきました。言いたい事がいろいろありすぎて、どうしたらいいかわからない・・・

ちゃんとお金を払って暮らしている自分の部屋なのに、人の声が批判に聞こえて、日々逃げるように、無職であることを隠すように、西へ東へ出かけてしまいます。
もともと「どこかに出かける」という行為は大好きなので、問題はお金を使ってしまうことと、外に出ても心がひきこもっていることです。

どんなに自分と向き合ってるつもりでも、言葉に出来なかった言葉がふわとろさんのブログにぜんぶありました。

今日は行きたい場所も無く、出かけそびれ、息をひそめるようにして、ずっと部屋でパソコンと向き合って、行き詰まり、どうにもならなくなっている時、このブログに出会えました。

まだ途中までしか読んでいませんが、まるでドラマか映画のようでした。あなたはりっぱに主役を演じていますよ。映像が見えるようです。

あなたのように、自分を冷静に知って、どういう生き方があるのか、具体的にどんな仕事をどうやってやっていったらいいのか、できることとできないこと、いやなことと許せること、それらをちゃんと知って、そして実現すること、そう簡単にできることではないです。

どんなに内省しても、答がわかっていても、ちゃんと追及しないでまた人と同じ道へ妥協して進んで行く。そしてまたくじけ・・・・この年まで生きてしまいました。

あなたの生き方は正しいと思います。
わたしも見習いたい。そうでないと生き辛くてしょうがない。
そのことを、ちゃんとはっきり認めたいです。
長くなってすみません。
ブログやっててくれてありがとう。


はずかしいわたしのブログのURLをここに置いときます。
疲れる内容だと思いますが・・・
http://fu-3i-ka.at.webry.info/




| 歩くひきこもり | 2006/10/18 9:24 PM |

私には。。。

仕事で汚れた服に顔をしかめるお母さんの気持ちがわかりません。

かっこいいと思いますよ。
汗水たらして働いた勲章じゃないですか。
誇らしく思ってOKでしょう。

そんな事に負けないでください!

スーツ着てりゃいいってもんじゃないですよ!



おかあさんもお父さんが倒れたショックでなにか八つ当たりしたかったのかもしれませんね。。。


とりとめなくってスミマセン。
涙が止まりません。
| saori | 2006/10/06 11:39 PM |

 そうですねぇ。たこ焼屋さんの出勤?に行くのも苦痛と感じる時もあったと思いますが、ずっと続いていますし、天職のようなものかもしれませんね^^

 そのようなご家庭の事情があったとは知りませんでしたが、どうか誇りを持って(自信も持って)今の仕事を続けていってもらいたいなぁって思いました。
 少しずつでも、気楽にやっていってもらいたいなって思います。立派に人のためにお役に立っていますよ。


 今まで、たこ焼屋さんをするのにも相当の準備や練習があったと思いますが、もう本職としてやっていっているふわとろさんが羨ましくも思います(自分もたこ焼屋さんをしようかと考えました(笑))。

 それと、会社もいろいろですからね。人情の厚い良い人もいるでしょう。

 どうか、今日のこの日の日記は大切にされて欲しいし、僕もそう思える日に向かって生きたいと思いました。ふわとろさん、勇気と自信をありがとうございます。
| キムラ | 2006/09/27 7:50 AM |

よかった。ババンギターのおっしゃることに同意です。
とともに、たこやきやさんという職業に愛を覚えたことに泣きました。どうか胸を張ってください。
それから、アレはナニでしたか(笑
ごめんなさいね。今一そういうのって、わかってなくって。削除してくれてよかったです。感謝。
期間が長い新しいところは、もう探さないと思います。私は完全に他人とつきあうのが難しくなってきました。
がんばれる人をいいなあと思うけど、妬むような気持ちには決してならないのが、救いです。でも、まぶしすぎて、もうその中にはいることができません。こうやって、ネットのみを通して、感じたことを時々書いたり、がやっとです。それもしなくなるような気もします。ただ、1つだけ、稼ぐための方法が残されているので、それに精進します。数年前から独学ですが試行錯誤を重ねて、だいぶやっていけそうな気がしてきました。まだmだなので、単発のアルバイトとかはすると思うけど。そのことだけはやる気になるんです。ひとりだけで。
| ぽち | 2006/09/24 8:39 PM |

やっぱ管理人様すごいっすよ!

普通、不合格の相手にそんなに丁寧な手紙なんて
書かないし、書くわけないですよ。
よほど好印象だったんじゃないでしょうか?

他にも前向きになったとたんに良い風が吹いてきた
みたいですね。
いや後ろ向きでもいいんですが(笑)
好調不調の波を受け入れる強さみたいのを感じました
| ババンギター | 2006/09/24 1:21 PM |

SEND COMMENTS


bot